Home » 未分類 » 被害を最小限にしたい!風評被害の予防と対策

被害を最小限にしたい!風評被害の予防と対策

正確で新鮮な情報公開が基本

なんらかのトラブルにより、風評被害に巻き込まれてしまったら、そこから回復するのはかなり大変です。「こうすればすぐに問題解決」という特効薬はないのが正直なところで、ある程度の時間経過を待たなければいけない場合がほとんどです。だからといって、なにもしないのは回復を遅らせる可能性もあります。「問題はありません」ということを示すために、正確でわかりやすい情報を出しましょう。そして新情報があるときはできるだけ早く情報を更新してください。

普段通りの対応をきちんと行おう

風評被害が発生すると、安全情報を出したとしてもお客さんが減ってしまう事例が多くみられます。しかしそんな状況でも、お客さんはゼロにはならないものです。少ないながらも変わらず接してくれるお客さんに対して、普段と変わらない態度を見せるようにしましょう。風評被害が発生しているときは、お客さんは敏感になっているので小さいミスでも大きな影響があります。緊張感を持ちつつ普段通りの活動をするのは簡単ではありませんが、変わらない行動を見せることが回復に向けた着実な方法です。

日常的な情報発信を心がけよう

いざ風評被害が発生すると、その回復は簡単にはいきません。マイナスのイメージをプラスに転換するには、時間と努力が必要です。問題が発生してから安心・安全をアピールしても信じてもらえない場合もあるので、平常時から自分たちについての情報公開を積極的に行うといいでしょう。関係者の人柄やポリシーなどを日常的に発信していれば、風評被害が発生したとしても真実を理解してくれる人や協力を申し出てくれる人が現れ、被害の回復が早くなる可能性があります。

風評被害対策の方法は、基本的には記事の排除、情報の拡散を止めることが主です。ネットでの情報拡散は業者に任せたほうが良いです。

最近のコメント

    アーカイブ