Home » 未分類 » 誹謗中傷…反応しない心と泣き寝入りしない断固たる心

誹謗中傷…反応しない心と泣き寝入りしない断固たる心

出処のない誹謗中傷には悪意と嘘が満載

昔の日本、今のようにネットなどというものがなかった時代、悪口をいうにも責任があった。誰々さんが誰々さんの悪口をと出処が概ね明らかであったが、今日の誹謗中傷は出処がなくかつ悪意に満ち、根拠のない誹謗中諸が多い。人が集まれば誹謗中傷が飛び交うことは人の世の常とあきらめもつくが、匿名の誹謗中傷は責任を持たないので卑怯極まりない。卑怯極まりないことはやはり社会問題とし、対策を講じなければなりません。出処が明らかな誹謗中傷は反論も裁判による訴えも可能であるため、言論が自由な社会においてはある程度の許容性も必要となります。

誹謗中傷には反応しない心も必要

今日のようにネットへの匿名の書き込みが自由にできる時代、いちいち匿名の誹謗中傷に反応しない心を持たなければなりません。誹謗中傷は常に「どんな反応をするかな?」と観察し、次の誹謗中傷さえ用意しているからです。誹謗中傷には反応しない心もまた必要です。但し、その誹謗中傷が刑事罰に相当する内容を含んでいる場合は警察等へ相談しましょう。誹謗中傷相談窓口もありますよ。洪水のように押し寄せる情報の中から正しくチョイスできる心も養ってください。

犯罪にからむ誹謗中傷には断固たる心で

犯罪にからむ誹謗中傷に対しては、必要に応じ刑事罰を社会として課せねばなりません。たとえ匿名でもアドレスの検索を相談窓口で相談しましょう。事案によっては弁護士を雇うことも必要となります。警察と相談しながら物事を進めていきましょう。誹謗中傷は人の世ではある程度はやむを得ない部分がありますが、この誹謗中傷が刑事罰に相当するものなのか?民事裁判で訴えるべき事案なのか?の判断基準を形成するのはひとえに誹謗中傷された側の心にかかっています。社会として信賞必罰の機能を失ってはなりません。「ネットへの参画年齢が中学生・高校学生まで広がっている今日、子供たちと言えども社会の法律が厳しく適用される」このことを大人はまず肝に銘じてください。

2ちゃんねる削除とは、根拠のないことを掲示板に書き込まれて迷惑している場合に、書き込み内容を削除してもらうように申請することです。

最近のコメント

    アーカイブ