Home » 未分類 » キーボード入力し易い機種を選択して、肩凝りを防止しよう!

キーボード入力し易い機種を選択して、肩凝りを防止しよう!

テレビとパソコンの違い

パソコンというものは、非常に便利な道具です。しかし、そうだからと言って、長時間使い続けていると、目や首や肩に負担がかかって、肩凝り等の健康上の問題を引き起こしますので、注意が必要です。皆さんは、テレビを観すぎるのが健康に良くないということをよく聞いたことがあることでしょう。しかし、そこには、勉強をしないで怠けているのはよくないという道徳的な意味が含まれていたわけです。しかし、パソコンは仕事の道具でもあります。

仕事でも使うパソコン

ですから、仕事でパソコンを使っているのだから、何も道徳的にやましいことはないという思いが、使う側にもあります。つまり、道徳的に正しい事を行っているのだから、それで健康を害することなどないはずだという思い込みです。しかし、パソコンの場合には、テレビのように自由な姿勢で画面を観るだけではなく、手を使ってキーボード入力をしたり、マウス操作を行ったりしますから、首や肩の負担はテレビ以上にかかることになります。

肩凝りを防止するための機種選択

ですから、パソコンを使う際には、使いすぎに気をつけて、目や首・肩の疲れを和らげるような工夫をすることが必要になるでしょう。特に、若い頃には、健康に自信があるということで無理をする傾向がありますから、注意が必要です。ただ、健康に気をつけて、毎日ジョギングや水泳等のエアロビクス運動をしていても、パソコンの使い過ぎによる健康問題は解決しません。肩凝りの原因が、パソコンの使い過ぎにある点を理解して、キーボード入力等をしやすい機種を選択することが肝要です。

パソコンは中古でも購入する事が出来ます。最新モデルでも大幅に値段が下がっており、スペックの良い製品も安いです。

最近のコメント

    アーカイブ